サマサマレーシア

意識低い系マレーシア生活

マレーシアの免許交付の帰りに乗ったGrabのドライバーさんがよく話す人だった話【訂正】

荷物の話が長くなりそうなのと、その時のレシートとか探して正確に書きたいので、今日はゆるめの話をします。

 

マレーシアの免許を交付してもらいにJPJに行った帰りの話です。

余談ですが、当時の私と旦那は超怪しいことに、色々な免許証を持っていました。マレーシアの前にいた国の免許証&国際免許証、日本の免許証&国際免許証。

どれも本物(笑)です。

でも全部を机の上に広げたりするとよくテレビのニュースで見る偽造っぽい絵面に。

 

日本大使館で日本の免許の翻訳依頼を受け取り、それを持ってGombakSepatakのJPJへ。

いやあ、すっかり地名を間違えていました。セパタクです、セパタク。

お役立ち情報ブログとか銘打ってしゃあしゃあと書いていたら、常時炎上ってなりかねませんね。

というのもね、昨日銀行に行って、行員の方と話をしていて免許の話になって私が「ゴムバックで」といったら「え?今JPJ、ゴムバックにもあるの?」みたいに言われて「直近だとセパタクだと思っていた」って。

 

JPJの場所と必要なものが書かれた紙をもらったので、そのまま直行。

f:id:tetari:20180609012530j:plain

免許用の写真もそこで撮影してもらえます。

それがなかなか腕がよくて、証明写真にしてはかなり満足度高し。

 

GAMBAR=写真、keping=〜枚

4枚でRM10

というか今はもうちょっと値段が上がっていると思いますが。

f:id:tetari:20180609012206j:plain

これが実際の書類です。住所とか記入するのですが、全てマレー語でした。

でも周囲には英語が通じる人が誰かしらいるので、なんとかなります。

おお、なんかマレーシア生活情報みたいですね!

でもそういうブログじゃないので、これ以上の情報はありません。

 

というわけで5枚目の免許証を無事ゲット。

しかし職質にあったら、かなり怪しい。

「ちょっと署まできてもらおうか?」となりそうな事案。

 

さてここからが本題。

 

家まで帰るのにGrabを利用。

その時のドライバーさんが若いお兄ちゃんだったのですが、まあよくしゃべる。

「免許とったってことは車だよね、何買うの?Myvi?あ、でかい車だね」

「あんまりファンシーな車だと、狙われるよ(いろんな意味で)」

「おれさあ、実家がマラッカなんだよね、あ、マラッカ行ったことない?だったらさ行く時、ひと声かけてよ、一緒に連れってあげるよ」

「ていうかさ、日本ってなんかいいよね。行きたいんだけどさ、物価高いらしいじゃん?」

「なんか喉とかかわいてない?だったらオレも飲むから適当にそのへん止めてもいいよ。」

話かなりおもしろかったんですが、私が日本語に訳してもセンスがないため全くそこが伝わらないのが残念。

 

あまりにも馴れ合いすぎて、もしかしたら「友だちだぜ水くさいことすんなよ」って料金をただにしてくれそうな勢いすらしましたが、それはさすがありませんでした(笑)

 

あれだけトーク力あるんだから、営業でもやればいいのに←大きなお世話。