サマサマレーシア

意識低い系マレーシア生活

ラーメンは店で食べるに限るな話

日本の有名店系列のラーメン屋に食べに行ってきた。

モールの中にあるんだけど、もう完全に平常モードだよね。

マレーシアの御飯時からやや早かったせいもあって駐車場入り口手前にデリバーの若者たちがノーマスクでボディタッチしながら、げらげら笑ってウケまくってた。

 

さてピーク時をあえてずらしてラーメン食べに行ったのは、密を避けたいから。

人混みの多いところに行って、密を避けたいとか何言ってるんだ?って話だが、気持ちだよ、気持ち。

もしかしたらウイルスも午後休憩中かもしらんからな。違うけどな。

 

ロックダウン中もグラブったり、フードパンダったりしてラーメンを食べていたのだが、やはり店で食べるのは格別だよな。

ステイホームが進んだと言うが、こればっかりはかなわんわ。

 

中東の金持ちぐらいだったら、家に厨房用意して「はい、じゃ、味噌ラーメン赤玉で野菜マシ」なんてシェフ呼んでお願いするんだろうな。

いいなあ、金持ちは。

 

想像の限界の壁↑

 

それにしても今年初ぐらいのお店で食べるラーメン。

気がついたらスープまで飲み干していたわ。

時間感覚にして5分ぐらいで食べ終わってしまった。

食べ終わった頃から、ディナータイムになってきて他のお客さんが入ってきだした。

 

そこで気づいたのがこの店のスタッフは「いらっしゃいませ〜」をフルで言っているということ。

ジャパレスやラーメン店では来店者に「いらっしゃいませ〜」と日本式にいうところが多い。

だが、外国人には言いにくいのか、「ませ〜」と勝手に略している店が多い。

 

おそらく接客マニュアルには「いらっしゃいませ〜」と言いましょう的なことが書いてあると思われるので、全てをミュートするわけではなく聞こえ方としては「らっしゃませ〜⤴︎」みたいな感じになる。

 

この「ませ〜」を聞くと私は昔なんかの番組でみた、コンビニのバイトの言う「いらっしゃいませ」が「エアロスミスに聞こえるというネタを思い出す。

 

なんならコンビニにバイトして客に「エアロスミス」と巻き舌で早口で言ってバレないか検証したいぐらいだ←それは「水曜日のダウンタウン

 

「ませ〜」と言われても別になんとも思わんが、フルで「いらっしゃいませ〜」を言うラーメン店でしたという気づきでした。

発見ではなくて「気づき」って使ってみました。相変わらずめんどくさいババアですね、私は。

 

 

 

 

 

 

10の質問に答えてみた話

はてなブログ10周年特別お題「はてなブロガーに10の質問

ブログ名もしくはハンドルネームの由来は?

ハンドルはテータリというクッソ甘いマレーシアのドリンクから。

初めて飲んで悶絶。

はてなブログを始めたきっかけは?

意識低いMM2H移住者の忘備録として老後の楽しみになるかと思ったから。

自分で書いたお気に入りの1記事はある?あるならどんな記事?

久々にアリと戦った話

tetari.hatenablog.com

ブログを書きたくなるのはどんなとき?

ストゼロを飲んでる深夜

下書きに保存された記事は何記事? あるならどんなテーマの記事?

ない。

 

自分の記事を読み返すことはある?

ない。

好きなはてなブロガーは?

いない。

はてなブログに一言メッセージを伝えるなら?

ただでブログ書かせてくれて、ほんとありがたいです。

10年前は何してた?

日本で仕事していた。お腹が弱いので、電車が事故で止まりいつ次の駅につくかわからないとアナウンスがあった時は、人間の尊厳が崩壊するギリということがあった。渋滞の高速と朝の電車に怯えつつワープア

 

この10年を一言でまとめると?

DXデジタルトランスフォーメーション。

 

ツインタワーの前でツインタワーを聞かれた話

ふだんスリアに買い物に行くときはついでにKLCCパークなんて行かないよね。

そもそも外は暑いし、曇ってるなとか見ると大雨降ってるし。

 

しかし久々にスリアに買い物に行ったら住んでる感覚がリセットされていたのか、私の中の眠っていた観光客魂が覚醒した。

 

まさに「物見遊山」

これこれ、初めてツインタワー見た時に「これはでかい」と思った日を思い出した。

って、初めてここ来たのなんてはるか昔だよ。

しかも寝違えていたので、見上げると首に激痛が走る。

高いね、ツインタワーとしみじみ。

だが今や、車運転していてもツインタワーは目印。

タワー右にあるからブキビは左側だなとか。

 

というわけで、午後一番暑い時間帯にもかかわらず、ちょっと出てみた。

ちょっと出るにもアプリでチェックインやんないとだめなのでめんどくさいな。

と、フラフラしていたら、カタコト英語でまさかのことを聞かれた。

「ツインタワーはどこですか?」

 

一瞬、これはキャッチセールスのテクニックかなんかで、気付いたら壺や印鑑買わされるんじゃと身構えたわ。ていうか、マレーシア、印鑑ないけどな(笑)。

 

なので最低限のマナーで、腕をほぼ真上に上げて「これ」っと指し示す。

そしたら再度「ツインタワー、どこ?」みたいなことを聞いてくるので、さすがに若干ひきながら、同じアクションで指し示そうとしたところ、どうやら写真撮ってたらしい「ツインタワーどこ?」のツレがやってきた。

 

2人で母国語ちょろっと話すと、そのツレの方、普通に流暢な英語で「ツインタワーの観光をしたいのですが、どこが入り口かわかりますか?」って聞かれたわ。

おい、「ツレが普通に話せるんだから、慌てないで待っとけよ!」と思ったけど、私もこういうときは善人なので「エントランスはこのKLCC公園の真裏側の噴水がある入り口の右側の地下ですよ」と丁寧に答える。

 

神様見てますか?いつも悪態ついているばかりが私じゃないんですよ!

と、ついでに心の中で謎アピール。大事なことなので太字&文字サイズを150%にしてみました。

 

そしたら「テレマカシー、シェーシェー」とお礼を言われました。

最近、本当に日本人オーラがなくなっているのが自分でもわかるんで、調子に乗って「サマサマ」と普通に答える偽中華系マレーシア人が私です。

 

そういやアメリカ英語でYesのことを「ヤッ」って言ったりするんだけど、その発音がまさにマレー語のイエスの「ヤッ」と同じらしくて、買い物をしていて「ヤッ」だけ普通にマレーシア人なのに、そっから先はいきなりgdgdでジャパニーズイングリッシュになるので、けげんそうな顔されるのも私です。

 

友だちに「ヤッ」の発音だけ抜群にいいと指摘されて知りました。

これからも調子よく、イエスの時は「ヤッ!」と元気に返事をしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

エアコンクリーンがリスケになった話

今年は「から雨季」なのか、雨が全然降らない。

マレーシアが熱帯なのに思ったよりも涼しいのは雨が降るからなのだが、今年は全然降らない。

そもそも雷も最近鳴らない。

 

なのに水は安いから、バンバン使っているマレーシア。

大丈夫か?

 

そんなある日、うちの大家が張り切って「SOPでオッケーになったから」とエアコンクリーナーの予約を入れてくれた。

我が家のため、そして資産価値を落とさないため。

わかってるね!うちの大家は。

 

来るのはここ数年来ているおっさん。

おっさん、多分クリーニングのスペシャリストではなかったのだが、年々客が増えて自信がついたのか、毎年弟子を連れてきて、エアコンを指差してひとしきりその弟子に説教じみたことをしてから仕事にとりかかるようになっている。

 

まあな、うちのエアコンリビングにでかいの2台ついてるの両方どうみても業務用。

 

ところが約束の日にこなかった。

なので大家に聞いてみると、クランバレー断水しているから無理って。

あ、そうかおっさんはリンクハウスか戸建てに住んでいるのか。

ほら、コンドだと貯水タンクあるから、2日は余裕で耐えるからな。

 

なので無駄に早起きして、ちょっとした家具の移動とかしてたのにリスケになった。

エアコンのクリーニングしてないからか、暑いからか部屋の温度が1度ぐらい高くて気になる。

 

 

 

 

 

 

 

やんごとなきお方の結婚話が気になるオバサン(私)の話

すっかり間が空いてしまいました。

プロテイン置き換えダイエット始めたり、自己啓発の本読んだりして意識高い系の生活をしていると、あっという間に時が過ぎてしまいますね。

 

てな生活は一切していません。

最近お気にのエーデルワイスというハーブの香りのビールを昼間から飲む自堕落な生活をしています。

 

それ以外何をしていたかというと、ゲスの極みババアな私は嗜む領域が同じである同胞と、やんごとなき方のご結婚について、ほどほどのテンションで語り合う日々を過ごして参りました。

って、私ごときのゲスの極みババアがやんごとなき口調になっても意味ない

 

そして本日私が妄想100%で導き出した結論が10月26日に、やんごとなき方との破談が報告されるという内容です。

 

私もマンハッタンの物価が高いのは超承知しています。

おそらく我が家がマンハッタンに居を構えるなら、「霞(かすみ)を食って」生活をしなければならないことかと思います。

そう思うとマレーシアでおまかせで寿司が食えるとか、なんという贅沢。

 

マンハッタンなら寿司ではなくて霞(かすみ)ですからね、霞(かすみ)。

全然違いますよ。

仙人だってさすがに嫌がりますよ、霞(かすみ)ばっかり食わされたら。

 

で、例のあの方(ちょっとハリポタ風に)は、もしかしたら、永遠に国外で生活するのと引き換えに破断に承知した?みたいな?。

だからあのマンハッタンの大学に通って、学位とって弁護士になったのかとか、もう妄想止まらんというね。

 

26日になんか公式発表があるみたいなんで、暇だったらテレビでも見ます。

まあ多分暇なんで見ますけどね。

やはり微々たる額であれ、うちは海外からでも納税しているんでその辺はキッチリ仕事してもらいたいですね。

 

 

 

 

 

地味な作業で通報している話

さて週一レベルでAmazonから何かしら更新しろと届く。

どれもこれも、わざわざ迷惑メールからサルベージして、必ず開く。

 

開くとどうなるかというと、知っている範囲で言わせてもらうが「このメアドは生きてるし、しかも受信したバカ(この場合は私な)は必ず開く」というnotificationがクズの送信元に届き、カモ認定される。

 

結果、こんなものを送りつけてくる(主に中●ドメインの)クズどもに餌をやっているようなものだが、暇なんでね。

 

ところでこれは、そんな私のフィッシングメールのコレクションの一部です。

ところで、これ転送されてるのに気がつきました?

 

f:id:tetari:20210927221314p:plain

どこに転送しているかといえば、Amazonのサポセンの「偽メールセンター」。

 

ホンモノのAmazonからのメールと答え合わせをしつつ、偽物メール差出人に軽めに「バーカ、死ねよ」と独り言をつぶやいて、たまにこのメアドに転送している。

これ↓ガチのやつなんで、よかったらコピペして使ってください。

Amazonの1ポイントももらえるわけでもなく自動返信で「ありがとう」とくるだけで、余計な手間かかるだけだが。

 

stop-spoofing@amazon.com

 

f:id:tetari:20210927222252p:plain

 

それにしても、ほんと何がイラっとするって、この詐欺メールの作り込みが甘いところ。とにかく文章が雑。

 

Amazonアカウントのロック解除にご協力ください」ってあるんだが、なんで私のアカウントがロックされて、お前に協力しなきゃいけないんだよ。困るのはこっちだろうが。ほっといてくれ。

 

本日2度目の「バーカ、死ねよ」

 

あとちょっと強引なのがアマプラの更新ができてないってやつ。

一般論、あくまでも一般論としてだが「海外から日本のアマプラは使えない」だろ。ちょっと優等生的な香ばしいことを言っているけどな←さて、なんのことでしょう。

 

というわけで、ついさっきも転送してきた。

これをやると、英文メールで自動返信がきて、要約すると

「解析のためセキュリティ部門に送りました。いただいたメールは解析に使います。偽メールに返信したりレスポンスしたりしないでくださいね」って書いてある。

 

ちなみにロマンス詐欺に逆に電話して大声で罵倒して以来、子供のとこに来ていたスパムもピタっと止みました。話せばわかる人たちだったんですね!←軽い狂気(笑)

 

Grabの前の話

久々にGrabに乗ったんだけど、乗ったとたんにDettolの匂い。

相当、噴射してるなと。

前なんてふつうにタバコ臭い車内とかあったけど、考えてみればここ5年ぐらいはなかったね。

 

ところでGrabって昔はMyTeksiって名称だったんだよね。

そういえば、最近タクシースタンドって見なくなったな。

そもそもマレーシア来てすぐに車を運転した理由が、ボッタクリ問題よ。

最初はタクシー安いって聞いていたから、タクってたけど、ストレスすごくて速攻でレンタカーしたわ。

まあレンタカーしたら、したでけっこうなストレスあったんだけど。

ロードタックス払ってない車を貸されてさ。

 

こっちはさ、遠回りされても車を運転するからそれなりに道知ってるんだよね。

でも、ご飯食べて酒飲んでとなると駅からタクシーとかになるじゃない。

そういう時は仕方ないから最寄り駅からホテルまで、あるいはホテルから駅までタクシーになる。

そもそも乗車して「どこの国から」って聞かれて「日本です」って答えるとそうなる率が高いから、「日本からだけど、すぐそこに〜年住んでてね」っていうと、ちゃんと正規ルートを通る。

それでも遠回りしようとしたら、「あ、そこ曲がってくれるかな。ハイウェイのらないよね」(乗る必要ねえだろ!という)言うけどね。

 

あと交渉が必要だったり、メーターって何するもんですか?って感じのこともあったねえ。

 

タクシーに関しては、ほんとに消耗することが多かった。

それがGrabになって、本当に運賃固定のありがたみを知る。

しかも、客からも評価されるからマナーもいい。

なんなら、楽しく話ながら乗車できたりする。

話がのりすぎて、自分が食べていたスナック菓子や水のペットボトルをくれようとする人もいるけど、さすがにそれは怖いので丁重に断る。

余談だが、「サンキューでも大丈夫ですノーサンキュー」といろいろ断っていたら「ティッシュペーパーも使い放題だからね」ってボックスティッシュ渡されたこともあった。

 

あと、「ガソリン入れていいか?」と言われて、けっこうな迂回をされた時は、ちょっと「誘拐」の文字が頭をよぎったわ。

どうやら知り合いのガススタだったようだ。

しかも、その時はトイレにも行きたいといって10分ぐらい帰ってこなかった←これは問うまい。

 

今はあまり挙動がおかしいとGPSで監視しているからすぐわかるらしいけどね。

 

というわけで、久々にGrabに乗ったけどロックダウン中は自分でハンドル握るか、旦那の運転のみだったから、なかなか他人の運転は新鮮だったわ、運転の荒さも込みで。