サマサマレーシア

意識低い系マレーシア生活

マレーシアの駐車場の話

スクールホリデー前からこの渋滞と思ったらセランゴールの国王様のお誕生日で祝日のロングウィークエンドだった今週月曜。

 

とはいえ、インターはもうすぐ冬休みだしそんなガツガツ出かけないだろうと思ったら、ローカルスクールはスクールホリデーに突入していたのかショッピングセンターに行ったら駐車場が酷いことになっていた。

 

「今日休みなのに、なんであの子ら制服なん?」っていうのはマレーシアあるある。東京都民の日みたいな話で、平日のディズニーランドに中高生がわんさかいる!みたいな。

 

駐車料金多めに払ってもいいから(マレーシアだとしれてる)、うちはプレミアムパーキングに入れる。

 

そう、うちは駐車場貴族

庶民臭が匂い立つ貴族だ。

 

マレーシアに住み出してからは駐車料金なんてほぼ気にしたことはない、、、ただしKLCCは除く。

 

どのぐらい安いかっていうと、日本でいう銀座にあるちょっと年季入った商業施設のパーキングに4時間ぐらい停めて300円ぐらい。

4時間だよ、4時間。

日本だったらタ○ムズに停めても最初の30分か、場所によっては15分しか停められないよ。ガソリンは今でもリッター60円。

 

でも私の愛して止まない、日◯「どん🦊衛」は1個330円(泣)。

 

だがこの日はどうしても駐車場が見つからなかった。

マレーシアの駐車場はこういうことを想定しているのか、最初の10分ぐらいは駐車料金無料にしているところもある。

ところもある、というのはうちがその商業施設のメンバーカードを持っていて、そこに駐車料金を適当なタイミングでトップアップして使っているのでいくら引かれているのかわからないからだ。

 

と、貴族というからには、貴族らしいふるまいをせねばならないな←だから貴族じゃなだろ。

 

そして今回、マジでみつからなかった。

これは何度か経験したが、20分ぐらい駐車場内を低速走行で彷徨い、ある時は真後ろのスロットから車が出たり、あるいはちょっと離れたところに空きを見つけたら逆走してきた車にサクっと入れられ、怒髪天をついたり。

 

この駐車場逆走ってわりとマレーシアではデフォ。

ストレスたまるわ。

窓開けて○指でもたててやりたくなる衝動。

 

渋滞ではイラつかないのだが、この果ての見えないスロット争奪戦ではすぐに消耗して心折れる。なので巨大な敗北感だけを背負い、なんの収穫もなく出口へ向かう虚しさったらない。

勝てぬ戦に身を投じていたとわかる切ない時間だ。

 

そう、この日はその負け戦となったのだ。久しぶりに。

勝てる方法は知っていたのに、なぜ朝イチで行かない?なぜ昼の客と夕方からの客が入れ替わる午後4時とか5時を狙わない?

 

きっとわかっていてもできないところが、うちが新しい景色を見れない原因です。

 

 

 

 

 

 

歌うマレーシア人の話

とあるローカルショップにとある用事ででかけた。
もったいぶって書くが、だいたいこういう時は「質はまあ変わらないが外国人向け、金持ち向けのショップより激安」っていうところに用事があったりする時だ。

 

例えば遮光カーテン買ったけどカスタムサイズだから工業用ミシンで裾上げ処理したりっていう時とか。

って、最初から普通に書けよ。

大家にカーテン替えるけど好きなの選んでいいよと言われて遮光カーテン買って裾の処理に行ってきた。

 

そこはすごい腕がよくてスカートとかズボンの裾上げどころかリフォームも神ってて人気なんだな。

なんでも代々、テーラーメイドをやっていた中華系のお店で知る人ぞ知るというところ。

とにかく仕上がりがすごい。子供の服なんてちょっといいのはサイズアウトして惜しいってのもなんとかしてくれる。

鞄なんかもオーダーできるオルターネーション屋さん。

 

4年ぶりぐらいに行ったら受付のムスリムのおばさんからお兄さんに変わっていた。

歌を歌っている。それもカラオケレベルの没頭具合で。

そこのお兄さん、私が遠慮がちに中をのぞいて目が合ったのにチラっとみて、そのまま歌い続けていた。

オーディエンスかと思われたんだろうか?

 

いやいやいや、両手にカーテン抱えているわけで、明らかに客だ。

 

「すいません、カーテンの裾上げお願いしたいいんですけど」と言うと、歌いながら私が持っていた寸法表メモに目を通す。

 

歌やめる。

 

寸法表とカーテンみて「これは、特別料金になるよ」

 

歌再開。

 

それでも全然安いので「かまいませんよ」とお願い。

 

歌やめるかなと思ったら、そのまま歌っている。

だが裾上げの計測の時だけ少し小さめに歌う。

 

引き換え票を渡してくれて「2日後に来て」と言ってまた歌い出した。

いっときよく通っていて古着のリフォームなんかしていたので、おかみさんとはなんとなく顔見知りになっていたが、しばらく来ていないので忘れられてるだろうから、声をかけずにそのまま帰った。

 

できあがっているとメッセージが来たけど取りに行ったのは4日後。

受付にはおかみさんがいた。

 

そして、奥からは、歌うたいの受付がまた歌っているのが聞こえた。

おかみさんは覚えてはいなかったが、引き換え票の名前みて「日本人?前にきたことある?」というので「はいはいはい、来ていました」と。

しかし思い出せないようで会話も弾まず、なんとなくお金払って帰ろうとしたところ、おかみさんが奥に向かって何かどなった。

そしたら歌うたいの受付がでてきて「カーテン重いから車パーキングしてるとこまで持っていくよ」と。

 

おお、サービスいいなと思ってお願いしたけど、車停めてある場所までずっと歌いっぱなしだった。

ありがとうと言っても手を挙げてそのまま歌いながら帰っていった。

 

それだけの話なんだが、歌が全部ジ🐱リの歌なんで、すごい気になったってただけというオチがなくてすまんね。

 

 

日本企業で働いていたローカルがけっこういるという話

それにしてもローカルで片言の日本語話す人はけっこういるが、その中で更にけっこういるのは日本企業で勤務経験がある人。

 

今の若い世代だと日本企業ワーペリあるよ!というとジャパレスだったりする。

アニメで英語を覚えてジャパレスで働くという、テンプレかと思うほどエンカウント率が高い。

入口がなんであれ、日本に好印象を持ってもらえるのは嬉しい。

ほら、マレーシアの近代史紐解くといろいろとあるからさ。

 

そしてそれより上は、本当に日本の企業に勤めていたけど、彼らの話を聞くとほんとロイヤル。

東南アジアの片隅で、まさかこんな日本の会社に忠誠心を持った企業紳士(戦士じゃないからな)に会おうとは。

考えてみれがルックイーストの世代なんだよな。

 

まあこれも 先達があらまほしきかな みたいな話なんだけど。

 

そしてバブルがはじけてた後、彼らは転職していく。

日本の景気がよかったんだから、そりゃやりがいもあったんだろうな。

そんな中の一人の夫婦と食事していて、その話になると今でも「あの頃はよかった」と遠い目をする。

また日本の会社で働きたいと、半分リップサービスだとしても言ってくれるねえ。

 

しかしその反面、かつて統治していたヨーロッパのあの国の話になると人が変わったようにディスの笑った。

その人はその国の企業でも働いたことがあるが、今でいうモラハラてんこ盛りだったそうだ。

あとルーツは大陸の人なのに、あの国を思いっきりディスっているのも笑った。

不動産ごっそりお買い上げ、いい加減なデベロッパでゴーストコンドと、日本も気をつけなはれや!って感じですかね。

IGCSEとA-levelについての話

これも昔聞かれたのでかいておく。

リアルタイムだと刺すから、ちょっと前に聞かれた話な。


イギリスの大学、日本の大学に進学するにはA-levelを終了しているだけではなく、それなりのスコアを出さないと希望する大学には行けない。

IGSCEは高校卒業資格ではあるけど、これだけで合格できる大学って限られる。

てか、とりあえずインターの説明会があるのでそれ行ってくる。

 

実はマレーシアはインター行っている子はIGCSE終了後、ローカルの大学に行くケースも多いけど、海外の大学に進学するケースがとても多い。

あれ、ローカルの大学ってあれ短大なのかな、16歳ぐらいで入学してるよな。それか教養課程だけなのかな←ね、わかってないんだからさ。

 

でもA -level履修していないと、例えばオックス&ケンブリッジなんかは入れない。もちろんアメリカのivyとかも同じ。日本の大学でもほぼ無理。

さらに言うと、マレーシアのインターからアメリカの大学行く場合はSATもやらないといけないし、A-Levelやってても大学のリクワイヤメントによってはIELTSでもネイティブレベルのスコア出さないといけないんだよね。

 

うちはさすがにIELTSはほぼ問題ない。

というかこれだけ海外長く住んでいて問題あったらかなりヤバいけどね。

日本語は問題あるなんてもんじゃないけどね。

何しろ口論となると英語でディスられますからね←そこかよ

 

海外住んでると親も子も英語ができることがゴールじゃないし、そもそも流暢になりたいって何なんだと。

これからの国際社会で英語でコミュニケーションとれるようにさせたいとか。

漠然としすぎてよくわからん。

 

リアルでさすがに面と向かって言えないけど、どういうゴール設定でマレーシア移住と言っているのか、その辺を軽く突っ込むと見えてきたのは、言い方悪いが「欧米に行くほどの予算はないが、留学するにはマレーシア安そうだからお手頃感あるしね」みたいな話。

なら、はっきり「安くて海外生活気分も味わえるから」って言われた方がすっきりするわ。

だけどな、ここ数年、全然お得じゃないってけっこう言っているのだがね。

英語ができるようになりたい、英語でコミュニケーションいうなら、日本で質が高い語学学校行った方がおすすめ。

なんなら自分が通ってこのブロークンで訛ってる英語を矯正したいわ。

 

子供って3ヶ月で英語身につくけど、帰国したら1ヶ月で忘れるんだよね。

うち、小さい頃、一時帰国してまた戻ったらそんな感じだったわ。

そうじゃない子もいるのだと思うけど、うちはそんな感じ。

また1週間で戻るけどね。

 

というわけで、頼むから教育移住のことを私に聞かないでください。

ズブの素人なんで。

 

 

速攻ブロックした話

先週末、飲む約束があったので、Grabで行った。帰りは旦那に迎えに来てもらうので、雨が降ろうがどんと来い!だ。

子供はこういう日のディナーはピザを存分に食べられるので、そっちもヒャッハーだ。

 

Grab待ってると着信あり。

てっきりドライバーからだと思い、ノールックで「ハロー」!

と出たんだが、「マレー語話せるか?」「いや……」

ってここで気づく!ちー、これは詐欺電。

しかもこれから酒飲みに行くため、相手に不足はないんだが、Grab乗るから相手にできない。

英語でよくわからないことを言っていたんだが、300リンギットまずは振り込めかなんか言っていたわ。

 

暇だったら「お金がなくて、困っています」とか小芝居でも打っていじってやろうかと思ったが、酒を飲みに行くという重要な予定があったので、「二度とかけてくんなバーカ」と日本語で罵倒して、WhatsAppでこの番号にここでは書けないん罵倒語を送信して、即ブロックした。

 

こうしてお姫様は末長く幸せに暮らしました。

めでたし、めでたし。

 

 

ギリギリでマレーシア移住はしたくないな話

日本に住んでいるちょっと年の離れた友だちからマレーシア移住について相談された。

さすがにかなりガチなので本人特定されないようにちょっとフェイクいれる。

 

うちはすでにほぼ10年の移住者。

MM2Hが魔改定される前なので、1000万円ほどの預金と月30万円のオフショア収入がクリアできればいいので今と比べると全然ハードル低かった。車も無税で買えた時代。もっとも最後売却したら払わなければならないのでペンディングって感じだったが。

何しろプレミア預金者なので、利子が年利6%以上ついた時代。おかげでほっておくだけで1年の娯楽費が余裕ででた。

 

が、当時と比べるとKLはインフレがすごい。

しかも学費も爆あがり。

移住した当初は確かに「この生活ができるわりにはお値打ちな移住先」だったと思う。

でも今はせめて不労所得が確保できていないならやめた方がいいんじゃないかと。

貯金取り崩してって海外移住の最悪なパターン。

せめて現地で就労のあてがないならまずいと思う。

これはあくまでも子連れ移住の話ね。

 

友だちは「移住するなら車は持てない」と試算している。

まあ初期投資かかるし、ペーパードライバーだったりするとか事情もあるかもね。

もちろん持たなくても全然生活できる。

が、子供のためとせっかく移住しても、車ないとロングウィークエンドとか長期休みに国内旅行もできない。

もちろんみんなが旅行好きなわけじゃないだろうけど、マレーシア住んでるだけだと意外とboringだし、そもそも海外移住して国内旅行もそうそうできないようなカツカツで子供に異文化も半径10kmぐらいの経験しかさせられないようなタイトな予算なら日本にいた方がよほどよいと思う。

 

手前味噌で恐縮だが、うちの子供は国内のいろいろなところにしょっちゅう連れていっているせいか、その体験から思考の道筋がついてきたような気がする。
そして周囲の友だちもコロナで海外旅行に行けなかったせいか、国内のリゾートなどによく出かけていて、そこで偶然出くわして親子共々楽しい時間を過ごせたこともあった。

 

投資と道楽は遊び金でやるものなので、その余裕がないのはうち的には由々しき問題。

投資はともかく、娯楽や道楽ってのちのち人生の肥やしになる。

マレーシアになんとか住んでいました。でもろくに国内見てません。

なんかもったいないよね。

 

それとインターって中学高校から学費がぐっとあがるところが多い。

言いたくないけど、その学費が辛くてレベルの低いインターに転校していく留学生もいる。

あるいはローカルに近いコンドに引っ越すという話も聞く。

目的のためQOL落として海外住むってのは違うんじゃないかな。

だって日本にいたらそういうのないでしょ。

 

というわけで、甘言ばかり発信するようなブログではないのではっきり書いておきます。

年間500万の予算なら、うちは移住しません。

それとお金ではできない体験っていうけど、マレーシアだとお金がないとできない体験の方がけっこう多いです。

 

 

 

 

 

おみやげに糖質ゼロのビールとカップヌードルをもらった話

少し前にスタイルフリーとカップヌードル<プロ>をもらった。

しかも中華系マレーシア人の友人からだ。

 

ことあるごとに日本で「好きなもの」はこの2点だと、飲んでは目の据わった状態で語り続けていたら、日本旅行のおみやげに持って帰ってきてくれた。

おみやげでもらっておいて言うのもなんだが、カップヌードルプロはシーフード味だった。う〜ん、なぜ?

 

そんな人でなしな私だが、マレーシアでもエーデルワイスとかホーガーデンとかまあまあ気に入ってる洋モノのビールあるし、なんならマレーシアってビールまずいからあんまり飲まなくなっている。

 

とりあえず冷蔵庫に入れて放置すること1週間。

その存在すら忘れかけていた本日、ふと思い出して飲んでみた。

 

うまい、うまいうまい〜〜〜

 

日本のビールだからか、これが通常なのか、尋常じゃないうまさ

まさか周回遅れで自分が煉獄さんになるとは思わなかった。

弁当ではなくてビールだが。

 

飲んで気づいた。

なまじ旨いビールを飲んでしまったことで、手の届かないスタイルフリーをもっと欲してしまう。

このビール1本で一気に日本に帰りたくなった。

 

魔性の女というが、魔性のビールとはスタイルフリーのことなりけり。

大事なことだから二度言うよ!

うまい、うまいうまい〜〜〜