サマサマレーシア

意識低い系マレーシア生活

親子留学とかで海外に出るともれなく経験する現実という話

おや、なんだからしくないタイトルですね。

いつもポンコツ記事連発ですが、子どもがいて、学校に通っているといろいろあったりします。

 

うちの子は日本では全く英語の勉強をしていませんでした。

なにしろ「アイスクリームは日本語!英語なにそれおいしいの?」と考えていたレベル、というか年齢でした。

からの英語圏現地校。

 

いやあ、本人も泣きたいだろうけど、こっちも久々の"手加減なしの英語"で泣きたい気持ちでした。

 

海外生活で困らないという基準は人にもよりますが、うちの場合は「不動産屋、役所関係、病院、税金、インシュランスなどで、なんとか登録や問題解決ができる」程度です。

これで困らないってレベルとは意識低すぎ(笑)と思われるでしょうが、まあ今まで特にとんでもない目に遭ってないぐらいということでよろしく。

 

キツイのはネイティブとの長々とする世間話でした。

 

と、いうのも海外というのは同じ場所に集まった人々でも恐ろしくクラス(階層)が違うことがあるため、嫌な言い方をすると教養のある人、ない人の英語やボキャブラリーが全く異なるのです。

 

自分、覚醒してネイティブになったか!と思えるほどよくわかる英語を話してくれるママもいれば、ちょっと何言ってるのかわからないってママもいるのです。

また、もちろんですがみんながみんな日本なんかに興味を持っているわけでもなく、むしろ好印象を持っていないという場合、地味に攻撃されたりします。

私はこの性格ですので、やられたら倍にして返しますけどね。

 

よく英語ができなくても大丈夫!っていうけど、絶対半分信じちゃだめですよ。

 

だいたい海外に行って現地人の友達ができるかな、ワクワクっていうのはシングルで渡航した場合。ファミリー単位だとある程度コミュニケーションできないと、例えば家族単位で招かれて食事やお茶をする時に、オーイエス!で押し通す作り笑顔の3時間とかで苦痛になるんじゃないかと。

 

学校でも思ったよりも英語を話す機会があります。

学級懇談会といったものはなく、基本は先生と保護者の面談となります。

また学校行事のボランティアの要請やオープンスクールの手伝いなどで任意ですが参加を求められることも多々あります。

保護者面談は学校によっては通訳を頼めますが、ほぼ中国語で、場所によっては日本語は手配できませんでした、とかありますからね。

 

うちの子どもはクラスのボトムから、なんとかトップグループまであがるのに、約2年以上かかりました。トップグループなどというと、なんだか勉強がすごいできる子みたいですが、日本人は一般的にある程度英語の問題がクリアされると、このパターンが多いのではないかと思います。算数などは日本の方がかなり高度なことをやっているからです。なにしろ九九の暗記をする民族ですから。まあ、インド系は12の段までやると聞いて、さすが0を発見した国は違うなと思いましたが。

 

また現地では恐ろしく勉強をしない子どもも多く、先生も宿題をやってこなくても何も言いません。←成績にはもちろん反映されますが。エリアによっては中学でドロップアプトしてしまうのが普通だったりするらしいです。

 

買い物にいった市場のおばちゃんたちと立ち話をして、子どもの話になると「来年に今頃はおかあさん、おとうさんの通訳をするぐらいになっているよ」と言われて間に受けていましたが、今から思うとかなり盛られていた話でした。

 

親子留学とか言いますが、成果を出すのに必要とされるのは動じない心。この一点です。小賢しい勉強なかしたところで、現地にどれだけアジャストさせられるか、のみじゃないかと思います。特に子どもが小学校低学年のうちは。

 

 

釣りを出さない駐車場の精算機の話

さてこれは、ついさっきの話です。

あるショッピングセンターのポイントカードは現金をトップアップすることで、タッチアンドゴーカードみたく駐車場での支払いがキャッシュレスになります。

駐車場の入り口でパーキングチケットを取って帰りに精算機で支払うというのを回避できます。

 

精算機探したり並んだり、めんどくさいんですよ。帰るときはさっさと帰りたい。というか、あのパーキングチケットの精算ってなんか体力持ってかれる。

 

今日はいつもの駐車場ではなく、穴場的に空いてる別のとこに車を停めました。

 

パーキングチケット精算用の残高が少なくなってきていたので、先に精算機でトップアップすることにしました。

トップアップとは日本で言うナナコにチャージする、みたいなことです。マレーシアに住んでいるとタッチアンドゴーというチャージカードで電車に乗れたり、キャッシュレスで駐車料金を払えたりします。

 

30RMトップアップしようと50RM札を入れました。お釣りが20RM出てくるはずだったのですが、15RMしか出てこない。

そしたらレシートのとこからトップアップ明細ともう一枚何かレシート出てきた。

そこにはあっと驚くことが書いてありました。

 

「お釣りがありませんでした。管理事務所でこのクレームシート持って行って、残りをもらってください」

 

は?

 

マレーシアだから比べちゃダメなのは百も承知ですが、日本の自販機だったら1000円札入れようとしたら戻ってきた。なんでかなーと思ったら赤い字で「釣り銭切れ」って書いてある。

つまり釣りは出せないから、大きな額だと受け付けられません。とあらかじめ通達してくれてます。

ここマレーシア、とりあえず受け付けるけど、釣りないけど事務所でもらってね的なシステム。しかも事務所というのがどこにあるのかすらよくわからない。

もうこういうの慣れたけど脱力よ、脱力。

 

とりあえず事務所の場所をガードに尋ねるもわからない。正確には「私たちがバハサ(マレー語)が話せないからわからない」いや、ほんとピンチのたびに、マレー語やっとけよ!と家族でなすり付け合いになります。

仕方なしにレシートに書いてあった事務所の電話にかける。

 

すると「今から係の者を送るので駐車場の入り口で待ってて」と言われる。と、そこに同じく釣り銭が出てこなかったと思われる男性もやってきた。

というのも「あなた達も釣り銭出てこなかった?」と、うちの旦那が持ってるレシートを見て声をかけてきたからだ。

その人は少額の駐車場料金で50RM入れたらしく、かなりあせっていた。そりゃ持ってかれたら痛すぎる。

 

少しして、財布を持った係の人とおぼしき若い男性がやってきた。集金財布かと思いきや、本人のマイ財布。

開けた途端に、ポイントカードレシートがごっそり入っていて、そこから先ほどのクレームレシートと引き換えにお金を返してくれた。

 

釣りがなかったので今は出さない。でも事務所に行けば残りは渡すよ

 

という駐車場精算機に出会った話でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜか日本でも買わなかったイクラや木箱入りウニを買ってしまう話

日系デパートとかで開催されている北海道フェア。

いつもうちが行くとやっているような気がしてチェックしてみました。

かなりの頻度でかぶっている。

我が家では北海道フェアの引き寄せの法則が発動していたようです。

 

大好きな「ウニ」が木箱に入って売られています。

もちろん日本からの輸入ですのでかなり高価な食材なのですが、つい買ってしまいます。

が、果たして日本にいた時(もうかなり前)に、この頻度で木箱入りウニを買ったでしょうか?いや、もしかしたらそんなもの自腹で買ったことなかったように思います。

 

なんでしょう、クアラルンプールは金に糸目をつけなければ、たいていの日本のものは食べることができます。

が、日本でも買わなかった木箱入りウニを、ついついここでは買ってしまうんですよ!

 

木箱入りウニ、木箱入りウニって読まされている方もたいがいウザいでしょうが、書いている自分もそうです。

 

もう買うのはやめよう、そのお金があったらそこそこいいものを食べられるのだから、ましてやKLCCまで来ているのだから。

でも買ってしまうのです。

そして「KLCCの地下駐車場は(駐車料金が)高い」なと本末転倒なグチをこぼすという。

 

よく考えてみれば昔から、数量限定とかそういうプレミア感つけて煽られるのに耐性がなかったことに気づきました。木箱入りウニがそうなのかどうかはわかりませんが。

 

 

 

 

 

マレーシアに来て以来のおそらく最底値でビールを買った話

相変わらず時系列がめちゃくちゃなんですが、これは今年のチャイニーズニューイヤーの前ぐらいの話です。

チャイニーズニューイヤーの前は酒が安い。そりゃランカウイ島の方が安いけど。

 

まあハリラヤ前に酒安くして、どうすんだよって話ですからね。

まあ連休に便乗して安くしてもらう分には、喜んで乗っかりますけどね。

 

だいたい酒類販売をしているスーパーなんてセールだろうがなんだろうが、そんなにビールの値段って変わらない。

 

しかもどうせ売ってるビールもワンパターンで、輸入もののクラフトビールなんか買った日には1本分でランチ余裕。酒飲みには辛い国ですよ、マレーシア。

おかげでマレーシアに来てから人間ドックのスコア、特に肝機能がぐっとよくなりました。

 

そんな気分でしたが、ある日初めて行った某スーパーで二度見をする値段でビールを売っているのを発見。

こういうガチでおいしい情報ってのは、絶対にネットなんかでは出回らない。ま、そんな正論ぶったことを言っている自分が一番、安い酒の情報を隠蔽しているという事実。

 

 

f:id:tetari:20180618221658j:plain

というわけで、これがその時のレシート。

 

今みても底値感がすごい缶ギネス24本で129.88RM

1本あたり、5.41RM。

 

まるで酒コーナーがちょっとだけランカウイ島になったような気持ちになりました。

 

話はちょっとそれますが、ランカウイ島では飲みきれなかったビールをスーツケースに入れて持ち帰りました。

そして帰りのフライトでビールが破裂し、スーツケースを開けたとたん家中が豊かなホップの香りに包まれた日がまるで昨日のことのように思い出されます。

 

さて、この激安ギネスですが、2回買い出しに行きました。

あとアップルサイダーも確か24本で100RMちょいでした。

ま、アップルフォックスですけどね。もともと安いやつ。

 

あれからそのスーパーにはちょいちょい通っていますが、年初にしてあれがすでに底値だったのかな、って感じです。

個性炸裂するマレーシアのカーディーラーの担当の話

マレーシアはかなりの車社会。ということでまずは車を調達しようとディーラーへ。

ちなみにMM2Hを持っていると、指定車種が無税で購入できるのですが、売る時に税金を払わなければいけないので、税金先延ばしってだけです。本帰国する時に売却することを考えて、うちは指定車種の購入はやめました。

今9月までNo GSTなんでどうなんでしょう。

 

最初に行ったディーラーの受付の中華系女性なんですが、なんと旦那さんが同業他社で同じくセールス担当をしているというカオスっぷり。

なぜそれが発覚したかというと、セールス担当がフル稼動だったのでこの受付女性がとりあえずフォローに入るという形で接客し、うちの希望車種とかを聞いてくれたんですよ。

そしたらいきなり小声で「実はね、うちの旦那は同業他社のセールスなの。でね、ぶっちゃけ今月成績がよくないのよ。だからうんと割引させるから、あなたたちが希望する同じようなスペックでうちの旦那のとこの車買わない?」って、持ちかけてきたんですよ。

この受付女性はたしかにセールスじゃないけど、これってどうよ?

 

さらに「私は(今勤めている会社じゃなくて)旦那の会社の車乗ってるけど、見る?あなたたちの希望の排気量で似たようなスペックよ」って、外に連れ出してちょっと離れたとこに停めてある車を見せてくれました。

確かにうちが買おうと思っていたSUVと同じクラスなんですが、自動車メーカーについては私はこだわりがあるので断りました。まあ納車が遅いっていうのが一番だったんですけどね。

この話の教訓をわかりやすく例えると、「BMWを買いにいったらaudiを勧められたでござる」ですね。

 

で、次に行ったとこではマレー系の男性がセールス担当でした。ドラクエのキャラクターに似ていたのでスラリンと心の中で命名しました。

スラリンはおとなしめでトークもうまいわけでもなく、ただただ実直な感じ。

アポなしで行った日に試乗させてもらい即決しました。

が、テンパードガラスなどのオプションや外注で頼むナビ(GPS)などの話を詰めに何度かディーラーに通うことに(あのムカつく車検切れ車で)

 

そこで世間話などをするのですが、なかなかすごい話を聞きました。

前もカーディラーだったスラリン、ある日バイクに乗っていた時にトレーラーと交通事故を起こし、生死をさまようこと2ヶ月。意識を取り戻した時に、その事故る直前に仕事で集金してきたお金の置き場をすっかり忘れてしまっていたのだそうです。

 

結局、そのディーラーの仕事を辞めてこの会社に転職する時に、自分のロッカーから集金したお金がでてきたそうなんですが、今でも謎だとか言ってました。

そしてその事故の時におりた保険金でコンドを買ったそうです。でも身体中に金属やボルトが入っているらしいです。

そういう話を淡々とするスラリンがうちの担当でした。

 

デング熱に関して尋ねたら「そういえば、こないだ会った友だちが、なんか熱っぽくてダルイなあって言ってたらデングだったよ」って「でも僕は罹患したことないけどね」ってちょっとドヤりながら言っていました。正直、質問の回答にはなっていませんけどね。

 

実は他にも同じクラスの車を見に行ったりしたのですが、他ディーラーのセールスの人に関しては全く記憶に残っていません。

この二人はなかなか濃かったので、セールス向きだったんでしょうね。両者全くベクトルが違いますが。

マレーシアでは販売までが担当の仕事。あとはサービスの時にブッキングをお願いするぐらいでスラリンとはもう会わなくなりました。

でもたまに会うと「もう一台買う?」と温厚に圧をかけてきます。ああ見えてセールス成績よさそうだな。

ちょっと嫌な気分だけどマレーシアあるある話

ちょっとセコいグチです。

マレーシアではコピティアムから外資系のカフェまで、それこそ山ほどあるので予算に応じて使いわけできます。最近はローカルのおしゃれ系カフェも多くありますよね。

私は基本、飲み物はエアコンがキンキンに効いたカフェに行きます。

遊んでいて暑くて汗かくのはいいのですが、ふだんの生活でのんびりしている時に汗たらしながら休憩とかしたくない。

よく「ローカル気分でトロピカルダイニングをエンジョイ」みたいなのがありますが、それバケーション。「うわ〜、マレーシアって熱帯、湿度高い!オープンエアで中華系ホーカーで焼き豚つまみながら飲むビール最高!」ってなるんじゃないかと。

 

この間、家でコーヒー淹れるのめんどくさかったので、某カフェにいきました。家にカフェタリーとドルチェグストのマシンがあるのですが、カフェタリーの方は使ったあとに、ポッドの受け皿を食洗機にかけるのを忘れて、次に使う時、何度か嫌な思いをしたのでつい外に飲みにいってしまいます。

 

黒ビールみたいなアイスコーヒーを頼みました。そうしたら、グラスの外側に牛乳の雫が、さらにグラスの内部には牛乳飲みほした後に残る白いのがついていました。ちなみに緑のロゴのカフェではありません。

 

これは嫌だなと思ったので、スタッフに「すいませんグラスが汚れているので、交換してください」と"丁寧な英語"で言いました。もちろん居丈高ではなく、声小さめにやんわりと。

 

すると…

 

スタッフがすんごい嫌な顔をしました。

汚れを確認するなり黙ってグラス受け取り、新しいのを注いで目の前の受取カウンターにどん!とおきました。

一瞬嫌な気分になったけど、まあよくあることなので、やれやれと思って何事のなかったように席に戻りました。

コピティアムでコーヒー飲んでるのと何倍も違う値段なんだがなあ、とかぼやいてもどうにもならないのがマレーシア。

 

でもツインタワー近くの某超高級ホテルのアフタヌーンティーが不味くて腰を抜かしそうになったことに比べればダメージは少ない、と、いつも自分に言い聞かせることにしています。

え?なんか一番ディスりたかったの、そこ?っていう話になっちゃいましたが。

 

夜にふてくされてアイス食べて帰ってきた話

タイトルだけ見ると中学生丸出しですが、こんなことしてるのは、そこそこ子どもも大きく、オッサンな旦那がいるおばさんです。

今日は初めて、直近、というか、今現在の話です。

周りのカフェはW杯の中継で家族や仲間で酒を飲みながら盛り上がってますが、私は車で家を飛び出してきたのでそれはしません。

 

一人で怖い顔して、スマホに修行のごとく文字を打ち込む、中年ぼっちオバさん。あなたのそばにそんな人がいたら、それは私かもしれません。

 

今日は家族で出かけたのですが、些細なことで険悪モードになりました。リアル厨二病の子どもがいるから、あるあるなんですが。

で、ブチ切れた私は次に何するかとなった時に一言「帰る」と。幸せの頂上はある程度読めても、険悪のピークはまだまだ3合目なんてことは多々あります。

しかもハリラヤで高速大渋滞。本来なら帰路は私担当なんですが、ガン無視して助手席へ。体力温存のためです。この姑息さが私の持ち味。

 

で、家に帰ってきて、旦那が置いた車の鍵を掴み、好きな音楽を結構な音量でかけながら、敢えて遠いモールまで出かけてきました。

日本も最近物騒ですが、海外の夜の運転の比じゃないなと、帰国するたびに思います。気分転換のはずが、毎度のことながら逆に緊張してストレス。

 

日本ならふてくされて成田ぐらいまで夜中に運転して、飲酒検問か職質にあうぐらいですが、マレーシアではバイクの2ケツの輩に後部座席割られたりした日には、泣くに泣けない。

 

ち、誰も心配してくれないよ←かまってちゃんかよ!