サマサマレーシア

意識低い系マレーシア生活

ダムに夕日を見に行った話

ダムが密かな夕日の名所だというのを聞いて、出かけた時に話です。

行く途中、周囲はそれなりにジャングルの中のグランピング(という名の開墾した感がある広場)があったり、ローカルコミュニティがあったりと、郊外によく見かける風景が広がっています。

 

googleマップで見ると湖っぽい感じですが、実態はダム。

そのため周囲は柵があったり近づけないようになっています。

マレーシアでよくある「不法侵入したらライフルで撃つぞ」の警告ピクトグラムが書かれた看板があったりします。しかも脅しじゃなくて、ガチっぽいのがちょっとやだな、と毎回思います。

 

ゲンティンハイランドの途中でも野菜農園にこのピクトが書かれた看板があり、温厚そうなマレーシア人の闇をちょっとだけ感じました。

 

f:id:tetari:20181020163609j:plain

侵入禁止ってことなんでしょうか。

 

googleで翻訳してみたら「侵入は犯罪で起訴することができます」ということだそうですが、ピクトグラムを見る限りそんな生易しい対応じゃないような気がします。

ホールドアップしてますからね、絵が。

 

さてダムに向けて車を走らせていましたが、日暮れ近くなって曇ってきました。ふだんの行いの悪さを思い知らされます。

早くしないと日没になってしまう、ということであせって車を停める場所を探すのですが、カーブが多くて見通しが悪いため、結局ダムから離れていってしまいます。

かなり離れたとこでなんとかUターンできて、さきほど唯一みかけてたパーキングらしきところに駐車。

車から降りて、ダムの周囲を囲っている金網の切れ目を見つけると、すでにローカルとおぼしきオジサンが1人がいます。

 

「ここ入って大丈夫ですかね」と代表で私が声をかけると嬉しそうに「大丈夫、ここは実は絶好の撮影スポットなんだよ」と教えてくれました。

私たちが日本人だというと、さらにフレンドリーになり、自分の持っていた一眼レフカメラスマホに保存してあった今日撮影したものではない美しい夕焼けをたくさん見せてくれました。

 

色合いが映えっていたので、ちょっと盛っているものもあったようですが、たしかにローカルに密かに人気のスポットだけあって、本当に見事な美しさでした。

 

「うちの嫁はさ、ここで写真撮ってるのを知っていて、寄り道しないでとっとと帰ってこいっていっつも小言を言うんだよ」と愚痴をこぼしました。

仕事のあと、家にすぐ帰りたくないそうなので、ここで写真を撮るのを口実に楽しみにしているようでした。

びっくりだよ!今日、いつのものとこに日本人が来てさ、すっかり引き止められて話こんじゃったよ」とか言い訳に使われそうな気がしなくもなかったのと、日没直前に曇ってしまい、夕焼けが微妙だったのもあって5分ぐらいで帰りました。

 

車の中に入ると膝から下が猛烈に痒くなりました。短いパンツを履いていた足が見事に数カ所ほどヤブ蚊に刺されていました。

誰も何も言わないので刺されてないのかとふと見ると、みんな長袖&デニムを着てることに気づきました。

 

 

 

 

昨日の夜中にありえないぐらいオレオレ詐欺をディスって笑えたので非公開にした話

タイトル長いな、おい。

 

内輪でこの記事の回覧が終わったかな?って感じなので前回のオレオレ詐欺とかやっているやつは、日本の最底辺でカスだよね!!の記事は非公開にします。

 

いい年した女がまず使わないような、極悪にエゲツないゲスもゲスな言葉で、あいつらを思いっきりディスった、じゃなかった本当のことを書いてやったので、今とっても調子のってま〜す。

 

また気分がのったら公開して、こいつらをバカにするのをライフワークにでもしたいかなって感じ。

というわけで、終了で〜す。

 

最後までなめきってますね〜。

ジャパレス観察日記という話

またまた、ちょっと寝かしておいた話を書きます。

もちろんフェイク入れていきます。

 

某ちょい高めの日本食での話です。

ランチ営業のラストオーダーぎりぎりで某レストランにいきました。

私たち家族はいつものランチの寿司や刺身などを分相応に食べていました。

 

この時間だとさすがに店内も空いています。

 

そこへバブリーな紳士とモデル系の女性が一緒に入店。

 

いきなりボトルで、かなりいい日本酒(銘柄はかんべん)を、1本入れました。

私の中に期待が高まります。旦那がそんな私のテンションに気づいて、静止ビームを体から出していますが、そんなものガン無視。

 

同じカウンターにいましたが、ちょっと距離があったため、何を注文しているか聞こえず(ゲスですなぁ、自分)

でもすぐにそれがわかりました。

 

刺身の盛り合わせのおまかせです。

 

こちらにも何度か伺いましたが、今まで見たこともない器で刺身が提供されました

 

期待どうりです。

お連れの方は英語があまりおできにならないようでした。

バブリー紳士は酒も刺身もガンガン食べていますが、お連れの方は、ほぼ箸をつけていません。

 

お姉ちゃんを連れた紳士というものは他の客が気になるようで、家族連れのうちをチラ見してきます。

華人なのか日本人なのか気になるってとこなんでしょう。

 

そこそこ満腹になったので空気を読んで退散しました。

 

店を出たあと旦那に「あれ、同伴出勤かな?」というとちょっと嫌な顔をしつつも「たぶんな」って言ってました。もちろん小声で言いましたとも。

 

男はこのぐらいマメじゃないとだめですね←ほんとにそう思っているのか、自分。

 

 

 

 

 

いきなりレシートに日本語を書き始めたマレー人の話

特にローカルの人と親睦をしているわけでもないのですが、日本語を学習しているという人によくエンカウントします。

それも、ほぼほぼお店の中の人です。

 

つい最近、ある店でテイクアウェイをしました。

 

ポイントカードを出し、受け取ったお店の若い男性スタッフが読み取り機にスワイプしたところやや、圧高めに聞いてきました。

スタッフ「どこから来ましたか?」

私「日本です」

 

なんといきなりテンションあげてきます。

スタッフ「え?日本の人が?ええ?住んでいるの?」

私「まあ、そうですね」

 

どうやら彼は独学で日本語を勉強しだしているらしいです。

日本に興味を持ってもらうのは嬉しいです。

 

彼はテンションが高いまま「英語でいうアルファベットみたいに、今、『あいうえお』を覚えているんだ」といいます。

そして、いきなり私に渡すレシートに「かな」を書き始めました。

 

f:id:tetari:20181014005517j:plain

丸で囲んであるのは、彼が「」を書くつもりが「」と書いたので私が正しく書き直したもので、それ以外は本人が書いたものです。

 

その日はちょっと疲れていたので、いまいち話に気持ちを寄せることができず「なんで日本語を学んでいるのか」とかそういう返しをできませんでした。

 

ただ通常は親日系のマレー人だと「ありがとう」「こんにちは」から入ってくることが多いのに、「ひらがな」から入ってくるというのは新鮮ではありました。

 

家に帰ってきてふと冷静になると、軽くウケました。

日本だったらいきなり客のレシートに、ひらがな書き出すってのはありえないからです。

しかも「あいうえお」を学習しているといいながら、なぜか「か」から始めるという。

 

まあ、なんだ、このユルさが、マレーシアの醍醐味。

 

 

 

 

 

スタバでkonichiwaと書いてもらった話

マレーシアの物価に慣れてしまうとスタバ高いなあと思います。

とはいえ、テータリとか全く飲まないし、コーヒーはブラック一択なのでスタバによく行きます。

 

意識低い系を自称する私としては、どこか敗北感があります

 

って、いちいちそんなこと考えてないけどさ。ほんと邪悪ですね←昨日、寝る前に子どもから言われた言葉です。どんな会話してんだという話ですが。

 

私の勝手な思い込みなんですけど、スタバって新しいモールとかに入っている店のほうが美味しいような気がするのは私だけでしょうか。

 

ここのとこ、家でネスプレッソばかり使っていたので、外でコーヒー飲んでませんでした。なのでスタバカードを出してカウンターで注文をする前にトップアップの残高を確認してもらいました。

ほとんど入ってないと思っていたのに、なんと50RM以上残っていました。

思わず嬉しくて「え?まじで!」と小声でつぶやいてしまいました。

 

注文を終えカップに書いてもらうため名前を告げるのですが、私はよく偽名を使います。

偽名ってほどでもないんですが、というのも日本人の名前は絶対に一発で伝わらないので、スペルアウトするのが面倒くさいからです。

その日は「apple」と言いました。なんとなくスタバらしく意識が高い感じがしません?この単語は。

いっそMacBookでもよかったんですけどね。

 

そして受け取りのあたりでスマホを見ながら待っていました。

カウンターにはどうみても自分のカップがあるんですが、koni、、、なんとかって書いてある。

あ、じゃ違う人のだと思うじゃないですか!って、誰に語りかけてるんだ、私は。

 

私より後に来た人がどんどんフラペチーノとかをピックアップしていきます。

 

ちょっと不安になったので、カップに近づいてよくみると、裏側にappleと書いてあるじゃないですか。じゃこっちから見える方になんて書いてあったかというと、konichiwa(こんにちは)と書いてありました。

appleと名乗ったのに、日本人と見破られたのは、おそらく「え?まじで!」と、残高チェックの時にカウンターでつぶやいた、あの一言からではないかと推測しています。

 

ちなみにかなり前(偽名を使うことを思いつく前)にもkonichiwaと以前に他の店で書いてもらったこともあります。あとArigatoもあります。

マレーシアは親日の人が多いので、ふるまいに気をつけようと思いますね。私がいうと全く信憑性がありませんが、ここは本当です。

 

 

 

 

 

ドリアンとビールを一緒に摂取すると爆発するという話

この話を聞くまでは、たまたまドリアンもビールも単体で摂取していて、両方同時にってことはありませんでした。

 

まだマレーシアに来て1年ぐらいのことでした。中華系の友だちと一緒にお茶にいった際、中国語でどこかにガンガン電話しているんですよ。

 

ちょっとエゲツないんですが「仕手戦でもやっているのか?」と聞いたのですが、上の空。というか、どう見ても株の売買の指示を出しているって感じだったからです。

 

ひと段落して、こっちの世界に戻ってきた彼女は言いました。

 

「猫山王の手配しているの。明日、イギリスから友だちが一時帰国してきてね。食べたいっていうのよ。最近、まじで猫山王の入手が困難で」

 

猫山王(ムサンキング)とは、マレーシアのドリアン界においての絶対王者です。

もちろん好みもあるのでしょうが、とりえずニワカでも「ドリアンといえばやっぱり猫山王だよね」と発言しておけばテッパンです。

 

しばらくして、どこから電話が入ってきました。

険しい顔が安堵の表情に変わり、「今日夕方、ツテを頼ってなんとか入手できそうだわ」と言いました。

 

話題がドリアンから全く動かないので、そんなに好きではないんですが、熱い思いを語ってもらうことにしました。というか、興奮気味でドリアンの話しかしない。

 

でそこで聞いたのは、「ドリアンとビールを一緒に摂取するとお腹の中で破裂して死ぬ」という恐ろしい話でした。

 

知らなかったら、どっかホーカーズでビール飲んで、ウェーイとか言いながら、ちょっと離れた場所に出店しているドリアン屋台に千鳥足で近づいて食してしまった可能性大。

 

ドリアンは匂いも食べ合わせも伊達じゃありませんね。命がけですよ。

さすが絶対王者

 

ビール飲まなきゃいいだけの話なんですけど。

 

ここ数年、ドリアンもすごい高いし、猫山王はけっこう偽装されているって言っていました。

そこで単純に「猫山王って判別できる?」と何気に尋ねると、なぜかややキレ気味に「それが食べてもわからないから、困るのよ。だって値段が全然違うんだから」と言われました。

 

クアラルンプールのドリアン屋台の品種、ほぼ「猫山王」って書いてあるのですが、それ以来ついつい気になってしまいます。

 

 

 

 

自分のせこさ炸裂な話

家で炒飯をやる時に、具材の一つとして、近所のホーカーズで買ってきた塩豚(ローストポーク)を入れます。

普通だと脂がすごいのですが、wok鍋(でかい中華鍋、でもティファールのだから軽い)使って炒飯にすると最強です。

 

いつも200g買うのですが、あれって本来はホーカーズに来ている酔っ払いのアテや中華飯のためのもの。

なので計量がけっこういい加減な感じがなきにしもあらず。

 

いつも「ほんとにこれ200gかよ」とか思いつつもタニタのクッキングスケールを出すのがめんどうで、そのままにしていました。

 

でもやっぱり気になってある時から測ってみることに。

風袋込み200g。

しかも毎回毎回、誤差なしのほぼジャスト!

 

でも風袋込みっていうのが、自分の中では微妙。

でも確かに200g。

でもビニールだから、風袋なんてないも同然なのか。

 

測り出してから、いつも風袋込みが引っかかってる自分のせこさと、ローストポーク屋のおじさんが風袋込みできっちり200gに寄せてくる狭間で揺れています。

 

でもガチでおいしいんだから揉めたくない女心。

って女心って言いたいだけで、すいませんね。

 

そして今日、久々に行っていつもと同じく200g買ったのですが、わずかながら値上げしていて、見えないダメージをくらいました。

SSTの対象だったかな?とかいろいろ考えながら帰ってきました。

 

そして家に帰って、いつものように計量したところ、207g(byタニタ)というスコアをたたき出しました。

今までになかったこのスコア、おじさんの心の変化が知りたいです。

 

全く関係ない話で恐縮ですが、なんとなくボクシング選手の減量を思い出しました。